PLUS GEAR

音楽レッスン

ドラマーのトラブルあるある

こんばんは!
今回はドラマーのトラブルあるあると、その対処法を書いていきます!

スティックを折る、落とす

\あるある〜〜〜/
主に右手のスティックによくある。
握りこんでると折りやすいし抜けやすくなるから、力まないことと、スティックの予備を用意しておくことが大切!
あと、私はZILDJIANのスティックワックスを使ってます。滑りにくくなるからオススメ!
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/259447/
ワックスの他に、グリップを巻いたりグローブをしたりっていう方法もある。
ハイハットスタンドに付けるスティックホルダーがあると、左手のスティックがなくなった時スムーズに取れるよー!

ハイハット、スネアが動く

\あるある〜〜〜/
ハイハットは踏むから進みやすいし、スネアはどんどん手前に来たり、クラッシュシンバルは離れて行ったり…。
演奏を始める前にガムテープでしっかり固定しておけば動かない!
スタンドを持ち込めれば、重いものやツメがあるものに変えるのも良し。

シンバルスタンドの首が折れる

\あるある〜〜〜/
特にライドシンバルは重いから折れやすい。
スタジオ、ライブハウスのスタンドのネジはヘタってる事があるから、キツく締めても動いちゃうよね〜。
そういう場合はどうしようもないから潔くストレートにするか、自分のスタンドを持ち込む!
あと、ネジ関連で言うと、ハイハットのクラッチが緩くてトップが落ちちゃうのもあるある。
ハイハットスタンドを持ち込めれば一番良いけど、難しい場合はクラッチだけ持ち込めば解決できる!
PEARLのHCL-205QRはネジ式じゃないからヘタレにくいし時間短縮にもなるヨ。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/236718/

シンバルが割れる、ヘッドが破れる

\あるある〜〜〜/
シンバルが割れた時のショックの大きさたるや…笑
このトラブルに関しては脱力して気をつけるしかない。
ヘッドを緩めれば破れにくくはなるけど、硬い音が欲しい時は仕方ないし、破れる時は破れます。笑

ビーターが抜ける、折れる

\あるある〜〜〜/
ペダルを踏んでもスッてなってびっくりするやつ。
これはシングルペダルだとどうにもならないけど、ツインペダルにすれば、右が使えなくなっても左で踏んでなんとかできます。
私はそれも兼ねてツインペダルユーザー!
シングルペダルでも定期的なメンテナンスをすれば防げるトラブル。

セッティング中に指を挟む

\あるある〜〜〜/
これ地味にあるあるだし、がっつり挟むとダメージがどでかい…
人差し指に血豆ができたら演奏中かなり痛いです。まじで。
気をつけることが第一だけど、グローブをしてればダメージを減らせる。コスパ重視なら軍手でも良し!
ちなみに、私はセッティングの時だけZILDJIANのグローブを使ってるよー!
滑りにくくなるからネジも回しやすくて良き!
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/86171/

全部に共通して言えることは、気をつけててもトラブルは起きるからなるべく起こさない為の準備と、起きた時の対処法を用意するのが大切ってこと!

珍しいトラブルですが、某k○makiさんは入場する時に照明に頭をぶつけて、血を流しながらたたいたことがあるらしいです。照明には気をつけましょう。笑

最後まで読んでくれてありがとうございました!
TKみほかでしたー!

PLUS GEARでは音楽レッスンを行なっています

音楽レッスンについて

ブログ一覧をみる

このメンバーが書いた記事